Monday, November 30, 2020

歯周病と癌の関係

今日は歯周病の話。

歯周病は、歯と歯茎の境目から菌が入って、歯を支えてる骨を溶かす。
この知識はみなさん持ってらっしゃるはずです。

でも、じゃあ、
「私はそのばい菌を飲み込んでるの?」
「歯茎から入ったばい菌が体の中に入ってる?」

そんな疑問も起こりませんか?




アメリカの癌学会はかねてより、歯周病とがんに関係があることを調査していました。
今回、 Woman's Health Initiativeという調査機関が
1999年から2003年の期間に歯周病と診断された54歳から86歳の女性6万5000人に
アンケートに答えてもらった結果が発表されました。

この中で、7149人が何らかの癌を発症していることがわかりました


肺がん、胆のうがん、黒色腫、乳癌においても、歯周病でない女性と比較するとリスクがかなり高くなっています。

胆のうがんはこの調査で改めて歯周病と関係があることがわかりました。


 歯周病の女性は、そうでない女性と比べて、がんのリスクが14%上昇するそうです。
食道がんにおいては3倍以上。

まだまだ研究は必要で、
何がガンを誘発してるのか、どう血液に悪影響を与えているのか調査が必要ですし
アンケートだけでこれだけの結果が出たのですから、
今後まだまだ研究されていくようです。


人間の体はたくさんのパーツが集まって出来ています。
一つに不備があると、やはりどこかに不都合が出てくる。

歯周病は「歯の病気だから単独の問題」ではなく
全身の問題として、きちんと治療することと、予防することが大切ですね。


Monday, November 23, 2020

COVID-19

 アメリカも日本もまた感染者数が増えてきています。

学校が閉鎖になってる地域も増えてきていて、サンクスギビングでまた感染が広がるのではないかとみんな不安です。

大学によっては、サンクスギビングの後はオンラインと、春休みを無くして2月まで休みにしてしまう学校もあるようです。

サンクスギビング、クリスマスの間が約一ヶ月。そして冬休み。

この間の実家と学校の行き来を減らしたいとの目論見。

とにかく、今は先の予定も全く読めませんし、自分の身を守ることが第一。

アメリカではまたトイレットペーパーや消毒剤なども買占めが始まってます。

あのパニック状態がまた復活しないといいのですが。

 

そんな中、このコロナの感染症が始まったころ、歯科が一番危険な職種だと言われていましたが、ADA(American Dental Association)では2195人の歯科医にアンケートを取って、6月から10月中旬までで、0.9%の歯科医のみがコロナに感染した可能性があると結果を出しました。

この結果も検査結果の信ぴょう性に不安があり、0.5%の誤差があるそうです。

 歯科では様々な病気への感染予防を今までも行ってきているし、それ以上に感染予防をしているのでこの数字で抑えられているのではないかということです。

 今は来院数も減らしていて、小さな空間に多くの人が集まるわけでもない。

どこに行くにも不安はありますが、歯科に特に不安を感じない様にしてくださいね。

 

 

 


Monday, November 16, 2020

Invisalign Vol 73+ZOOM 完了

 私のインビザラインのアライナーが最後まで終了しました。

長かった...けれど、その価値はありました。

 一本完全に引っ込んでしまっていた歯を前に引っ張り出してきたんです。

それも透明なアライナーだけで~なんですよ。

本当にすごい技術です。


このガタガタで狭い歯並びが、下のようにきちんと並びました。

まだ治療が必要なのでリテーナーを注文せず、治療をしていく予定なのですが

Invisalignは治療開始から5年のサポート期間があるので、アライナーが終了した後もその期間はきちんとサポートしてくれます。

だから安心です。

そして、歯の治療の前にZOOMで白くしないと色が合わせられないので...

真っ白ですよね。

大昔に治療した場所と歯との境目、長年にわたって着色が積み重なって茶色くなった場所。

それと加齢によって茶色くなった歯。

それも全部綺麗に元の色に戻り、マダラだったものが統一されました。

これでやっと終わった~って感じです。

(まだまだ治療をお願いしないといけないんですけどね)

 

まだ最終報告にはなりませんが

とりあえずInvisalignは完了!!!です!!


 

 





Monday, November 2, 2020

新しい唾液腺の発見

こんなところに唾液腺があったんだという驚きより、 人類が宇宙や海底を調査して世界を広げようとしている中、こんな身近な場所に新発見があるということに驚きました。

 リンクはLIVEDOORのニュースです。

新しい唾液腺 


Cr:GIGAZINE


高齢やがん治療で唾液が出にくくなった人など、この発見で研究が進めば恩恵を受ける人も出てくるはず。

解剖学の教科書も変わるのでしょうね。

まだまだ人体の中にも不思議があって、研究が進んでる。

この調子で早くCOVIDの対処法を見つけてほしいものです。

 


Monday, October 26, 2020

今年のハロウィン

 今年はハロウィンも寂しいものになってしまいました。

NY周辺もコロナのケースが増えてきているので厳戒態勢です。

子どもたちのハロウィンパレードは小規模ですし、

お菓子を貰いに行くのも、子供たちにあげるのも気を使う。

アパートの中でTrick or Treatしないようにラジオでも放送していました。

街の中もいつもならこの季節はハロウィンの飾りに気合が入りますが、

今年は気乗りしないのでしょう、飾り付けすらしていない家も多い。

オフィスもあまり飾れないのでパンプキンのみです。

 これから始まるホリデーシーズンですが....

パーティも少なくなるでしょうし、

忙しないけれどワクワクする、あの高揚気分が完全に削がれてしまってます。

楽しみじゃないホリデーシーズンなんて...

 

いつになったら普通の生活に戻れるのでしょうか。

 

 


 


Monday, October 19, 2020

透明な歯科矯正器具の種類

日本でもアメリカでも、安い透明な歯科矯正が話題になっています。

アメリカのSmile Directという会社の場合は、
自分で型を採るか、近くのショップで3Dイメージを撮ってもらう。
そして自宅にキットが送られてくるようです。
治療ケースを見ましたが、アタッチメントを付けて根から移動させたり、大臼歯の移動など大きな治療はしない、前歯のみの矯正治療が多いようです。
結婚式前に歯並びを治したいとか、以前に矯正治療をしたけれど少し戻ってしまったなどの調整程度の矯正に適した会社。


日本の安い透明な歯科矯正方法、キレイラインという方法もよくCMを見ますが、専属の歯科医の元で行うので今は一部地域しかできないようです。4万円からと書いてあってびっくり、でもそれは基本の値段。
来院ごとに型を採って、料金に合わせたスピードで毎回リテーナーを作って行く方法です。
治療は前歯だけだと安く行えますが、奥歯を広げたりする特殊な治療が追加になると値段が上がるようですね。
基本的には上と下の前歯12本が治療対象だそうです。


どちらの矯正方法もウェブサイトで見たところ、難しいケースやスペースを確保したり、歯根を回転させたり、複雑な症例には対応できないのかなと感じました。
これに比べて、インビザラインはワイヤー矯正と同じぐらいの幅広い、複雑な矯正ができるのが特徴ですね。

けれど、今後は患者さんのニーズに応えたものがどんどん出てくると思います。
少しでも歯に興味が出たのであれば、様々な方法をリサーチするのも大切だと思います。
もしかしたら、簡易な矯正治療だけで綺麗になるかもしれない。

歯科医の元で行うのが一番安全だし確実ではありますが、値段の問題であきらめてしまうのは残念すぎる。ただ、安い方法で強引に行って効果が出ないのは勿体ないし、歯根や歯槽骨にダメージが出たら大変!

安いからと飛びついてしまわず、自分に一番合った方法で、確実に矯正できるのが一番でしょうね。

けれど、やはり不安な場合は必ず歯科医に相談してくださいね。


Monday, October 5, 2020

犬歯、糸切り歯

当院でインビザラインをお勧めする患者さんは、見た目の歯並びが悪いという方だけではありません。
口腔内の状況を診察し 、噛み合わせがずれていたり問題がある患者さんには長期にわたった健康を考えてお勧めしています。
歯の噛み合わせがずれていると一部の歯や顎の負担になってしまうからです。

ご自分で確認する簡単な方法として

糸切り歯・犬歯が全てとがっていますか?


このように上顎も下顎も鋭角だから、糸切り歯、犬歯と呼ばれるのです。

けれど、これがまっすぐになっていたり、すり減っていたら歯の噛みあわせがずれているという証拠です。

高校生や20代前半の人でも、噛み合わせがずれている場合はすり減っていますのでお子様の口の中もちょっと確認してみてください。
見た目は綺麗でもこの糸切り歯周辺を観察すると歯の問題が見えてきます。







 このようにへこんでいる場合は、しみたりする自覚症状も出てきているはずです。


 犬歯は下の顎をガイドする役目もあるので、その歯が健康であることがお口の中の状況を知るうえでとても重要になってきます。
犬歯を観察すればいろんなことが見えてくるんですよ。

自分の歯を長く持たせ、健康な食生活を送るためにも、一つずつ問題を解決していくことが大切です。

その最初の一歩が歯科矯正になる人がいるかもしれません。