Monday, March 18, 2019

Orchid~蘭の花

数年前に蘭の花をもらって育てています。

最初の年のあと、2年ほど花をつけてくれたのですが、真夏の直射日光に晒してしまって葉っぱを半分枯らしてしまいました。
けれど「ごめんなさい」と謝りながら、3年間残った葉っぱの世話をしたら今年になって再び花をつけてくれました。
この写真の後、 3個しか花は咲きませんでしたが、それでも可愛くて。



















1月ごろから咲き始め、まだ綺麗に咲き誇ってます。

Friday, March 15, 2019

INVISALIGN VOL51




私の前歯のレントゲンを撮ってもらいました。
歯は揺れていませんししっかり噛めます。

過去に歯科矯正をした人は、このように歯の先端が丸く変形していることがあります。


これでは歯が骨で支えられていません。


歯全体に力をかけて移動するのではなく 、一か所にかけてしまうとテコの力が歯根にかかり極端な歯の吸収、つまり歯根の変形が起こります。
酷い場合は、歯の中央から溶けていく場合もあります。


インビザラインは歯を覆っているアライナーによって力がかかるので、歯には優しいようです。

私の場合、大きな移動は終わってますし歯根もしっかりしたままですので、あとは歯槽骨を健康に保つことが患者の仕事

気が付くと歯磨きをして、フロスと歯間ブラシで掃除してます。



Tuesday, March 12, 2019

大変!!!

今年の冬は、雪が少なくて過ごしやすーい、なんて思っていたら、3月に入ってから雪の日が続きました。

時間のある時は、犬たち2匹を連れて、お散歩を日課としている稲葉先生。
2週間ほど前、いつものようにお散歩に行きました。
私は、私の日課、ヨガに行っていました。ヨガが終わって、携帯の確認したら、珍しく3回も先生からの Miss Call。どうしたのかな?と思い電話をしてみたら、
“たいへん!!! けがをした!!!” 

びっくりして急いで家に戻ったら、足に氷を当ててうずくまっていました。

足の腫れが3日たっても引かないため 、ドクターに行ってみたところ、骨が折れていました。すぐにキャストをつけてもらい、6週間はそのまま、そーっとしておかなくてはならないそうです。



自己判断してはいけませんね。大事を取ってすぐにドクターに行くことをお勧めします。

犬の散歩で骨を折るなんて。。。。
患者さん、かわいそうに。。。と言いながら、笑っています。

Monday, February 25, 2019

INVISALIGN VOL 50

あ~歯が痛い。
ある朝、インビザラインを外すと歯が痛くて、今まで感じたことのないような「歯槽膿漏のような鈍痛」が奥歯に走りました。
鏡で見ても問題はなさそうだけれど、噛み合わせると痛い。
え?
大きな移動は終わったんじゃなかった?
ってことは???

え~??グラグラ揺れてる気がする~

体調が悪かったし、初めて歯周炎になったのだろうか。
もうそんな年齢か。
歯磨き頑張ってたのにな。
~なんて落ち込み、一応これでも歯科衛生士なので自分の歯の周囲を徹底的に清掃しました。

そして、念のため調べてみようとインビザラインのサイトで歯の動きを確認したら~
まさしくその場所が今の矯正治療で力をかけている場所。
場所の移動ではなく 、傾いていた奥歯を立て直し噛めるようにしていました。

なんだ~だからじゃん!!

ほっとした反面、これだけの負担がかかってるのだから、歯槽骨のためにも歯磨きを今まで以上に気を付けないと!と心しました。
若くはないから、歯磨きを怠れば一気に歯周炎になって歯を支える骨が減って噛めなくなるかも。


歯の痛みが治まるまで数日の間かかりましたが、今は痛みもなく噛めるようになってます。

アライナー 1個目

アライナー 25個目
アライナー 50個目
このブログも50個目、インビザラインには慣れてきましたが、久々に驚いた朝でした。
 

Monday, February 18, 2019

Seven Magic Mountains


Seven Magic Mountains って聞いたことありますか?
ネバダ州のラスベガスに行く途中、何にもない砂漠の中に石で造られたオブジェです。
スイス人の芸術家、Ugo Rondinoneが建てた、とってもカラフルなパブリックアートです。
2016511日に2年間の期間限定で公開されて以来、多くの方達が訪れ、SNSに写真が投稿されています。あまりにも人気があったため、少なくても2021年ごろまでは、展示される予定だそうです。




砂漠のど真ん中に突然現れるカラフルな建物。是非ラスベガスに行くことがありましたら、寄ってみて下さいね。

Monday, February 11, 2019

バレンタイン

アメリカのバレンタインは、男性から女性へのプレゼントの日です。

奥様にバラの花とチョコレートを買って帰宅するご主人がたくさんいる日。
恋人や夫婦のロマンチックなデートもバレンタインの恒例です。
もちろんホワイトデーなんてないので、女性がプレゼントをもらえるだけ。


大人が職場に配る義理やら、友チョコはないのですが、
学校では子供たちがハロウィーンの時のように小さなお菓子を配ってる光景は見られます。

















小さなカードと飴一個
小さなチョコレート
そんな小さなものでも子供たちはみんなからもらって喜んで帰ってきます。
これもお菓子会社の商魂たくましい、売り上げのためのお祭りですね。

日本の方も、今年はちょっと気分を変えて男性から女性へのプレゼントにしてはいかがでしょうか。


Monday, February 4, 2019

アメリカで困ること

アメリカで一番困ること。
それは、単位の違いです。

気温、体温 / 華氏・摂氏

体温は37度 で アメリカの 98.6F°
100°F で病院に行くことになります。

0F° は 日本では-17C°
日本の0C°は アメリカの32F°

訳が分からなくなりますよね。
30F°になると非常に寒い、100F°は非常に暑い
それだけ覚えておけば生きていける!とサバイバルして学びました。

その他に、
アメリカに来て免許など大事な用紙に記入を欠かせないのが身長。
これもFeet/Inchですから計算してきちんと覚えておくことが大事。
病院に行く前には体重もPound に計算して覚えます。
全くわからない単位なので本当に困りますよね。

子どもの身長や体重もFeetやPoundで言われたって、どれだけ大きくなったのかピンと来ませんでした。
2Feetから3Feet 、4Feet 
細かい数字、インチの変化よりも、Feet の数字が大きくなって成長を感じます。

でも、
cm、m、kg
こんなに便利なのに。。。

でも、きっと近い将来も未来も、アメリカでこの基準が変わることはないと思います。
この国の人は変化についていけないです。

その頑固さを、ここに住んでいるとつくづく感じます。